ビットコインのコア技術”ブロックチェーンとは?”

投稿日:

Pocket

ノアコイン、その本当の目指すところは平和の世界の実現、そしてその架け橋となるマイクロファイナンスの社会の実現です。

生まれた環境、国、立場、それらが生み出す格差社会の仕組みの根本から変革しうる、新しい世の中のあり方の仕組み・構造を、まさに世界に向けて発信する巨大プロジェクト!

時代が変わるのは、今まさにここからなのかもしれませんね。

 

ノアコインの購入方法はこちら


こんばんは、ヒビキです。

ではここから今回の本題である【ブロックチェーン】の解説に入りたいと思います。

 

ブロックチェーンとは?

 

”ブロックチェーン”

 

それはビットコインがもたらし、

現在ノアコインを始めとするさまざまな仮想通貨に組み込まれている重要なコア技術としてだけでなく、

AIやIoTなど、さまざまな新しい分野や技術とも密接に関わりのあるブロックチェーンですが、

そもそもこのブロックチェーンって、一体どういうものなんでしょうね?

『仕組みがなんとなく凄そうなのはわかるけど、イマイチややこしくて理解出来ない・・』

という方もまだまだ多くいらっしゃるかもしれませんので、ここで簡単に解説してみたいと思います。

管理者不在の最強のシステム

ではまずブロックチェーンとは、

 

”管理者不在でも自動で取引を記録し続ける、不正も改ざんも出来ない止まることのない仕組み”です。

 

『は?』

 

となりますよね(汗)

たしかに、普通にこんな言葉だけ聞いたところでさっぱり理解出来ないと思います。

仕組みの全部を理解せずとも、このビットコインのもたらしたブロックチェーン技術というものが、どれだけスゴイものなのか?は理解は出来ると思いますので、

順次わかりやすく解説していきますね。

ブロックチェーンは金融サービスにおける革命

管理者不在でも自動で止まることなく動き続ける最強のシステム”ブロックチェーン”。

元来、人と人が何かの取引をするには、お互いの信用の上でやり取りをするのが基本ですが、

見ず知らずの第3者とオンライン上で取引する場合、ましてやお金のやり取りなどの場合、

どうしたって信用がおけるわけがありませんよね?

そのため銀行やカード会社などといった第3者機関を介するわけですが、それにはさまざまな手数料が取られるのはご存知かと思います。

 

金融インフラが世界でも類を見ないほど整いすぎているここ日本では、そこまで不便さを感じないかもしれませんが、

諸外国ですと、いまだに国内送金でさえも数千円の手数料がかかったり、

着金するまでにも1週間近くかかったりもするのが当たり前だったりもしています。

インターネット技術が発達した現在でも、いまだにさまざまな金融サービスは紙幣や貨幣が誕生したころの、物質として存在するアナログのままの仕組みがそのまま応用されているに過ぎないのですが、

ビットコインのもたらしたコア技術”ブロックチェーン”の登場は、

このアナログの応用でしかなかった金融の分野に、まさに“革命”とも言える凄まじい仕組みをもたらしました。

 

 

P2Pによる取引を可能にしたブロックチェーン

P2P、それは第3者機関やサーバーを介さずとも、インターネットを利用し、個人間だけでつながる技術のことですが、

その代表として言えば、SkypeやIP電話などが以前から存在していました。

出典 IDIS

こうしたP2Pによる個人間のみでの直接のやり取りが可能になり、いろんなことが便利にもなった一方で、

悪意あるものからの不正や、ウィルス被害、乗っ取り被害などといった犯罪も多く広がりはじめ、

こうしたP2Pを用いるやり取りにはセキュリティの向上が急務として依然として重大な課題として残されていました。

 

『見も知らない第3者と、信用のおけないインターネットという場において、

いかにしてその個人同士が正しい信用を築き正当性を証明したやり取りを実現できるのか?』

 

P2Pにおける課題はまさにこの部分でしたが、

その答えをもたらしたのが、まさに2008年、ナカモトサトシにより考案された、ビットコインがもたらした革命“ブロックチェーン”です。

分散型台帳技術

《信用を築くのが難しいならば、最初から信用すら必要ないシステムを構築してしまえばいい》

 

まさにブロックチェーンがP2Pにもたらしたのは、求めた答えからは“逆説”とも言えるものでした。

言葉で説明する前に、まずは図で見たほうがわかりやすいと思いますので、

簡単に作ってみたものですが、こちらをご参照下さい。

A~B間で行われるこの取引の内容だけでなく、このAとBの取引が行われる前のそれぞれの財布の中身の状態、どこをどう巡って現在の残高になっているのか?その全てがこのブロックチェーンには記録されており、

見ようと思えばいつでもこのネットワークの参加者はその取引記録を見ることが出来ます。

簡単にいうと、総量2100万ビットコインのうち、現在発行されているすべてのビットコインの振り分けや、それまでに辿った経路が記録されているということです。

 

参加者すべてのの財布の中身と履歴が等しく全員に公開されているため、仮にAが自分の財布の中に存在しない100ビットコインをBに送ろうとしても、

もともとそれまでの履歴が全公開され全員が財布の中身を知っているため出来ません。

 

1つ1つのブロックはビットコインの場合10分に1度生成され、その間に行われた取引を新たに作られたブロックに記述できるのは、ある複雑な計算問題を解いた正解者だけです。

 

その正解者には総発行料2100万ビットコインから新たに新規発行される分が与えられるのですが(現在12.5ビットコインが10分に1度に発行)、

この取引を記録する一連の流れを、“マイニング”と呼びます。(このマイニングに参加している人を“マイナー”と呼びます。)

 

この計算問題の答えはこのブロックに記述されるのですが、その得られた答えは1つ前のブロックで得られた数字とも関連しており、

そしてその関連する数字もこのブロックには同時に記述されるため、ある取引を書き換えようとすると、それまでの全ての答えに矛盾が生じるため、いままで行われたすべての計算をやり直すことを求められ、かつ、これから行われる計算問題もすべて正解しないことには不可能な仕組みをしています。

スーパーコンピューターでさえ難しくなってしまっている計算問題を不正を犯してまで取引を改ざんし今後もとんでもない労力を求められるこの巧妙な仕組みのため、

結果として不正なんかを働くより正式にマイニングに参加さたほうが遥かにマシなため、結果として不正も改ざんも出来ないというわけです。

 

いままで行われてきたすべての取引が記録されたこの台帳を、世界中の参加者が全員所持しているため、仮に1つが壊れても即座に他の人のPCに保存されているデータから復元可能であり、

仮にこのブロックチェーンを止めようと思ったら、地球上のパソコンを一瞬で破壊する程の衝撃が必要です。

 

ひっくるめて言えば、

AとBがで取引したいとなった場合、従来ならそのやり取りの証明や信用は、間に入る銀行などの第3者がその台帳を管理し、外部からは見えないようにその取引の正当性を保証していたというわけですが、

ブロックチェーンを用いることで、AとBの間に信用を求めるのではなく、

このブロックチェーンネットワークの参加者自体がすべての全公開される取引履歴を共有することにより、

1対1の間に信用を求める必要はなくなり、

このネットワークに参加する人たち全体の信用にしたことで、結果としてP2Pによる正当な取引を可能にしてしまった、

というわけです。

 

取引に信用を求められた時代から、一気に信用すら必要ない時代への転換、

これが分散型台帳技術“ブロックチェーン”です。

 

お金を本質へと回帰させたビットコイン

ビットコイン、そしてブロックチェーンがもたらしたもの、それは、

 

《お金というものの本質はただの情報でしかない。》

 

という、根源の本質へ回帰させるものでもありました。
意味を与えれば貝でも石ころでもお金になるように、その本質はお互いが所有する価値の情報交換です。

銀行にお金を振込に行くと、あたかも現物をそこに入れることからそのお金がそのまま相手に届くものと錯覚しがちですが、

実際はそれはただ、

お互いの口座の情報を書き換えているだけに過ぎません。

インターネット技術が発達した世の中では、そうした情報の書き換えが自動で行えないわけがなく、まさにそれを世の中に気づかせてしまったのがビットコインだったというわけですね。

 

不正や改ざんを払拭するクリーンな取引の実現に向けて

お互いが所有する情報の書き換え、

それだけのことにお金がかかるのは、見も知らない誰かを信用して取引はできないため、間に入る誰かがその取引の正当性を認める必要があるわけですが、

”なぜいまだに紙ベースの仕組みが採用されているままなのか?”

それはもちろん、ここ日本のような金融インフラが整いすぎた国では、新たな仕組みの切り替えがそう簡単には行えないほど複雑に絡み合ってしまっていることも理由の1つとしてはあげられますが、

もう1ついうなれば、

中間に入ることにより、

誰かがうまく掠め取ることが簡単であるからでもあるでしょう。

 

声を大きくしては言えませんが、汚職や賄賂、水増し改ざん、多くの名のある企業では、普通に当たり前に横行しているものです。

確かに、銀行や第3者機関が間に入ることによるメリットという部分も当然たくさんありますが、

従来のような金融システムでは、誰かが稼いだお金を真ん中でうまい具合に掠め取れるような仕組みを簡単に与えてしまっているということも忘れてはなりません。

外から一切隔離された状態で帳簿を第3者に預けているというわけですが、海外ではこうした第3者仲介機関によるトラブルや不正がとても多く、

毎年数千億円規模の被害にものぼると言われています。

こうしたすべてがブロックチェーンにより解決するわけではありませんが、後から不正や改ざんが出来ないシステムが誕生してしまったというのはやはり驚異的なことですよね。

しかもそれは誰か特定の管理すら必要とせず、そのネットワークに参加する人がいるだけで永遠に動き続けるシステムです。

 

 

ブロックチェーンが金融業界を破壊する!?

さて、簡単にブロックチェーンというものの仕組みや概要を解説してみましたが、いかがでしたでしょう?

仕組みの全てを理解するにはかなり大変でもありますが、この最強のシステム“ブロックチェーン”、これは金融の大革命“フィンテック”の取り組みにも積極的に生かされ、まさに急激に世界は変わり始めようとしています。

いまある銀行の支店は必要なくなるとまで言わしめるブロックチェーン、そしてフィンテック、それは一体どういうことなのか?

次回は、ブロックチェーンを導入することにより、一体どういった新たな取り組みやサービスがスタートしているのか?

そして金融の革命”フィンテック”とは?

こうした、ノアコインの今後にも必ず関わってくることになる、いま世の中でとても重要なポイントになっている部分を、色々とピックアップして見ていきたいと思います。

 

 

-ビットコイン, 仮想通貨

Copyright© NOAHCOIN STORE , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.