ビットコインとアルトコイン

投稿日:

Pocket

2008年、ナカモトサトシの論文より生み出された暗号通貨ビットコイン。

その技術がもたらした成功は、瞬く間に世界中多くの科学者や技術者に多大なる衝撃と影響を与えるものでした。

ビットコインの中核を成すブロックチェーン技術やPOF(プルーフオブワーク)。

それは現在、AIなどの人工知能分野や様々なテクノロジーにも組み込まれ、

日に日にIT化が進む我々の社会のあり方・仕組みすら変えてしまうポテンシャルを秘めていたものですが、

それはビットコインが正式に稼働し始めた2009年以降にリリースされた、

様々な種類の“アルトコイン”を見てみても想像に難くないですね。

 

アルトコインとは?

では先ほど名前もあがりましたが、

『アルトコインとは何なのか?』

その答えは人によりいろいろとありますが、

もっとも簡単にいうなれば、

アルトコインの”アルト”

これは『alternative(オルタナティブ)』という単語から由来し、直訳すれば、

♦代替案、その他のもの

♦(今までの慣習ではない)新しいもの

といった意味が示すように、

“ビットコイン以外の新たなもの”ということです。

 

 

ビットコイン2.0世代、暗号通貨2.0世代と呼ばれる取り組みによりリリースされるコインの総称でもあり、

正式に書けば

『Alternative coin(オルタナティブコイン)』

となりますから、

“オルタコイン”、“オルトコイン”

と呼ばれることもあります。

(当サイトでは一般的に呼ばれることの多い『アルトコイン』で統一しますので、よろしくお願いいたしますね^^)

 


出典 News BTC

 

アルトコインの背景

・時価総額ランキング第2位のイーサリアム

・1000倍にもなったSTEEM

・未来予測におけるオーガー

もちろんプレセールがスタートした“ノアコイン”も、

いま現在、世に存在するさまざまな種類のアルトコインは、

“すべてビットコインから学んでいる”

といっても過言ではありません。


出典 BITCOIN DAYTRADING.COM

 

それは、ビットコインがすべての仕組みのプログラムを全公開しているということにも他なりません。

簡単に言えばアルトコインはビットコインの持つ基本的な仕組みに、

送金など通貨としての役割以外に新しく+アルファを付け足したコイン、

ということですが、1例を挙げれば、

1、ビットコインのブロックチェーンを利用するもの
(⇒ブロックチェーンについてはこちら)

2、独自のブロックチェーンを利用するもの

3、契約の自動化(自動実行される契約)も合わせて行えてしまう技術
(スマートコントラクトについてはこちら)

3、POWに変わる新たな承認方式(POS・POI)などを組み込むもの
(⇒POWなど承認方式についてはこちら

ちょっと難しい用語にはなりますが、

こうしたような様々な新たな技術を付け加えているわけです。
(それぞれの概要については各リンクをご参照ください。)

「3」の仕組みを持つものでとくに有名な、

暗号通貨時価総額ランキング第2位の“イーサリアム”のように、

ランキング上位に位置するアルトコインというのは、

当然流通総量が多いためランキング上位にあるわけなので、

専用のウォレットが用意されていたり、取り扱いのある取引所も多いです。

需要があるからこその供給量という話ですね。

現在世界中でアルトコインの数は、実に2000種類を超えているとも言われていますが、

そのほとんどは、ただビットコインを真似しただけのジャンクコイン(詐欺まがい)です。

数年で数十万倍、100万倍にもなったビットコイン。

このエピソードはやはりどんな人の心も引き付ける強烈なインパクトがありますからね。

こうしたエピソードを利用し情報弱者を騙そうとする輩も多いのがこの暗号通貨・アルトコインの世界でもあるのですが、

”詐欺か詐欺じゃないのか?”

を見抜くには、いったいどこを見ればいいのでしょうね?

次回はこういったところに焦点をあて、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

-ビットコイン, 仮想通貨

Copyright© NOAHCOIN STORE , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.