ノアコイン代理店について

投稿日:2017-01-12 更新日:


ノアコインを販売出来る代理店ライセンスは、

現在、仮想通貨バイブルの購入者のみとなっております。

プレセール開始からノアコインをご購入されると代理店としての権利を得られますので、
そこからは1次代理店(2次?)としてノアコインを販売していくことができるようになると思います。

まだ詳しい代理店形態の情報が入ってきておりませんので何とも言えない部分はありますが、
想像するに、今年市場を公開される暗号通貨カルダノ“エイダコイン”と同じ報酬比率や形態?だとは思います。

このエイダコイン、

メガウェーブプロジェクトの動画をご覧になられた方がいましたら話が早いのですが、

ノアコインにも関わりの深い泉忠司さんは昨年、2016年最大と言われるネットビジネス塾、

泉忠司ドラゴンアカデミー(IDA)

というものを開催されていたのですが、

メガウェーブプロジェクトで配信された動画の中で、

「塾生に16億稼がせた」

と話されていたその題目でもあるのがこの暗号通貨、カルダノ“エイダコイン”です。

まあ16億というのは売上で実質ベースの利益はもっと低い額ですが、

このカルダノ“エイダコイン”は、

あの時価総額ランキング第2位“イーサリアム”を開発したことでも有名な天才数学者、
“チャールズ ホスキンソン”が自身の暗号通貨人生の集大成として世に放つ、
期待値としても激高と言える暗号通貨ですが、

噂によればなんと!

市場公開からいきなり時価総額ランキング8位に踊りでる?

とまで言われていたりもします。

あのメガウェーブプロジェクトの動画に出演されていた塾生の方にも知人がけっこういるのですが、

私のよくお世話になっている方はお1人で2億円以上売り上げていましたね(驚)
(動画には出演されていませんが。)

エイダコインはプレセール期間に売り上げる総量は合計6000万ドル分ほどでしたから、
世界中の規模から考えても1人で30分の1を売り上げたという話ですよね(汗)

MLM的な仕組みも擁するため、購入された方にも2次代理店としてのライセンスが発行されますので、
それらの方々が売り上げたものに対するインセンティブも発生していましたから、

まあ、、、
分刻みで受信されてくるビットコイン報酬を見て、昨年は度肝を抜かれたものです・・w


,

MLMの誤解

こうした、“代理店の下に代理店が~”というような仕組みで連想されるのが、

マルチとかネズミ講とかではないでしょうか?

どうしてもMLM、いわゆるマルチと呼ばれているものに対し、
その“マルチ”という名前を聞いただけで、
無限連鎖的なねずみ講ともすべて一緒くたにして考えがちな人も多いですが、
ねずみ講は論外とし、

最近のMLMは系譜のつながりによるダウンからインセンティブ報酬を吸い上げるのではなく、
すべて運営側から支払われる仕組みになっているものが多いです。

意味も理解していないまま、いままでどこかで聞いた噂や一人歩きしている間違った情報だけで先入観を抱いてしまい、
不信感や嫌悪感を抱かれている方も中にはけっこういらっしゃるかもしれませんが、

出典 ペライチ

こうして世の中の代表的な社会や企業の仕組みというものを並べてみても
実際MLM方式のピラミッドと同じです。
コンビニやファミレスなどフランチャイズ系も基本こうした仕組みに近いですよね。
それぐらいこのピラミッド構図は当たり前に身の回りの存在しているという話です。

 

では少しだけ。

昨今、ちょっと昔までのような広告費用というもののあり方がひと昔前と比べるとガラリと変化しはじめ、
TVCM、雑誌、広告出版物、看板、ラジオや新聞などなど、
従来のようなマスメディアをつかったものに割く企業の広告予算が年々右肩下がりの一途をたどってきています。
,

出典 CyberAgent

2005年から2015年までの各部門の広告費の推移のグラフですが、
インターネット以外ほとんど右肩下がりですね。

TV部門はは内訳的にも費用は大きく、それほど崩れてはいないようにグラフ上では見えるかもしれませんが、
その中身(ギャラや制作費の高騰など)は相当厳しいのが現状です。
今の10代20代の若い人たちはほとんどTVも見なくなってきていますし、
いろんな番組が打ち切りになってきているので少しはお分かり頂けるかとも思います。

ではなぜ、昔ながらのマスメディアを置き去りにするぐらいインターネット広告が右肩上がりで伸びてきているか?ですが、

ひとえに掛け捨てのに近いとも言える、

従来型のマスメディア戦略では費用対効果がものすごく悪い

というようなことがインターネットの進化でわかるようになってしまったからですね。

新聞なんかとくに顕著にわかりやすいですが、
インターネットの進化とスマートフォンの普及などにより、
いつでもどこでも気になるものはすぐに検索出来るようになりました。
ニュースももちろん新聞よりもとても早く飛んできますし、
そうまでしてあえて新聞をとらなければいけない理由があまり見当たらなくなってきているということですね。

もちろんこうした背景にはインターネット技術は当然ながら、
様々な技術革新、当然このビットコインやノアコインのような暗号通貨技術なんかも関係があります。

AI(人工知能)の分野も、ブロックチェーンにより飛躍的にその技術や可能性のドアが開かれたとも言えます。

時代が急速に変化してきているというわけです。



話を戻しますが、

“代理店の下に代理店が~”

という、このMLM的な仕組み、

これはこうした広告費用というものにものすごく関係があります。

年々減少傾向にある従来型のマスメディアの広告費は、
年を追うごとにどんどんインターネット分野に注ぎ込まれてきています。

インターネットが進化し、情報が瞬時に繋がるようになった恩恵は、
個人でも月間数百万も数千万もインターネットだけで稼ぐことを可能にし、
世界中とも個人レベルでビジネスを展開出来るようになったというわけですね。


数百万・数千万も毎月稼ぐ個人レベルのプレイヤー、

「そんなお金がどこから出てきているのか?」

それが“成果型報酬による広告費”というわけですね。
いわゆるアフィリエイト報酬ってやつです。
もちろんノアコインの代理店インセンティブもここに該当するわけです。

アフィリエイトやマルチというものは、
今のインターネット社会とものすごく相性がよく、
固定費や維持費などかけなくともビジネス構築が出来るという点ですね。

実店舗経営の企業側というものも、
成果のあげれないような社員には固定費は払いたくないのが本音でしょうし、
そうした企業にしてみれば、優秀な人材が固定費もかからず、
いくらでも契約を結べるならこんなにいいことはありません。

MLM的仕組みというものは、企業側にしてもプレイヤー側にしても、

今の世の中もっとも効率のいいビジネスモデルとも言えますし、

インターネットの発達した現在だからこそそうしたMLM的仕組みもようやくうまく転がせるようになったとも言えるかもしれませんね。
そしてその逆に、完全に自己の実力のみで判断される世界ということでもありますがw

このように、技術やテクノロジーの進化や発展で、
いままで存在していたような仕事というもののあり方が変化し、
会社や企業に雇われなくとも、店舗もオフィスも構えずともお金は普通に稼げるようになりました。

ノアコイン然りで暗号通貨分野と同じく、
今後ますますこのインターネットマーケティング市場は右肩上がりに成長していくことは間違いないでしょうね。


さて、長々とした長文を読んで頂いたあなただけに特別に!

当サイトよりノアコインの代理店登録をしていただけた方には、
私からノアコインをインターネットで販売するコツやテクニックなどを伝授しながら、
今後伸びてくインターネットマーケティング市場に活かせる技術をしっかりお伝えさせていただこうと思います!
サイト作成用のテンプレートもこちらから無料でお渡ししますので(総額数万円レベル)
初心者の方でも基礎からしっかりお伝えさせていただきますね。

その他FXや転売系の技術や知識もたくさんもっていますので、
そうした部分も含めてみんなで稼げるチームを作って良ければなと思っております^^

サポートの関係もあり人数に限りもありますので、
ご興味お有りのかたがいましたら是非ともご応募してくださいね!

ノアコインの代理店オファーに応募する

 

ノアコインのプレゼンテーション動画を見る

 

-代理店

Copyright© NOAHCOIN STORE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.