ノアコイン 承認方法

投稿日:2017-01-08 更新日:


ノアコインの承認方法は、PROOF OF STAKE(プルーフ オブ ステーク)

通称”POS”とも呼ばれる承認方法です。

このプルーフ オブ ステークがどういう仕組みかと言いますと、

意味を訳せば「資産保有による証明」

ビットコインはプルーフ オブ ワーク(以下POW)を用いた膨大な計算によりマイニングシステムを動かしセキュリティが保っているのに対し、

このプルーフ オブ ステークは(以下POS)、

コインの保有量と保有期間の掛け算で算出される【COIN AGE(コインエイジ)】がより大きいほど、

新規発行されるコインを多く得られる仕組みになっています。

このPOSを用いた取引による承認方法も、POWと同じくハッシュ計算も要しますが、

”よーいドン!”のようなスピード勝負の力技ではなく、

そのコインエイジが大きいほど計算も容易になるよう自動で調整されるので、

ビットコインが採用するPOWに比べると、

無駄な電力消費やスーパーコンピューターレベルのハイスペックPCなども必要としないため、

余計なコストがかからないことも特徴の1つです。

“よりスマートになった承認方式”


といったところでしょうか。

初めてPOSを採用したピアコイン


保有による利息がつくというノアコイン。

それは、このPOSを用いた承認方法により、

それぞれ保有するコインエイジに応じてトランザクション(取引を記入したりする作業)に対する貢献度が上がるため、

新規ノアコインの発行分がそれぞれに応じて分配されるという仕組みに他なりません。

POWを用いたビットコインが力技で採掘することに対して、

POSは、ほぼ決まった分量を新た分配されるというような仕組みから、

「鍛造(FORGING:フォージング」

となぞらえられたりもするようです。

“パワーで掘る”に対して”技術(資産)を用いて造る”といったイメージでしょうかね。

このPOSによる利息の仕組みの承認方式を世界で初めて導入したとされるのが、

仮想通貨こと暗号通貨2.0の取り組みによりリリースされたアルトコインの1つ、

”ピアコイン(Peercoin)”です。

ピアコインについてはご興味のある方がいらっしゃりましたら検索などでお調べいただくのもよろしいかと思いますが、

特別に難しい仕組みやプラットフォームを持つわけではなく、

シンプルに、

“POSを採用した小規模なブロックチェーン技術を搭載した暗号通貨”

と思ってもらってもいいかもしれません。

このピアコインは、暗号通貨の特徴でもある発行枚数にも上限がないため、

価値の上昇による値上がりを期待はできませんが、

POSの根幹、保有による利息を発行することなどにより(基本年利1%ほど)、

ブロックチェーンのトランザクションを正常に保つことを主眼においているようですね。

このPOSによる承認方式は、

"ビットコイン2.0"、“暗号通貨2.0”とも呼ばれる,

ビットコインの持つ仕組み(ブロックチェーン)を利用し、

決済以外のさまざまな役割や機能を新たに持たせることを研究・開発しリリースされる、

新しい暗号通貨の多くにも採用されています。

トランザクションエラー??

今年はじめに史上最高値も更新した後のビットコイン、

その後一気に利益確定や損切り?みたいなものを巻き込み乱高下しましたが、

集中して膨れ上がった取引量に、ビットコイン自体が持つ仕組みが追いつかなくなってしまった?のか、

あちこちで結構な数の取引がウォレットに届かずプール状態になっていたようですね。

取り扱い会社のシステムエラーでも、受け取るウォレット側での不具合でもないような話もありましたので、

今後益々ビットコイン需要が伸びていくのはいいことだとは感じますが、

逆に持てる仕組み自体が追いつかないとなると、やはりちょっと心配だな~と思ったりもした出来事でした。

NEXT BITCOIN!

もともと内包するブロックサイズが小さいがゆえのこうしたトランザクションエラーのようなものかもしれませんが、

後から不具合のある部分を1部取り出しカスタマイズするといったようなことも現状出来ません。

それに加えてビットコインやPOWにはマイニングに莫大な資金がかかることや、

もっぱら心配されている”51%攻撃”という問題も存在するため、

ビットコイン2.0でリリースされるアルトコイン、

もちろんこの”ノアコイン”も、
承認方法として、

POSこと”プルーフオブワーク”を採用しているものが多い、ということですね。

-ノアコイン

Copyright© NOAHCOIN STORE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.