ノアコインについて


ノアコインストアにようこそ!

 

 

2017年、仮想通貨元年とも呼ばれるこの年、

ついに満を持して登場する、今年大注目のまったく新しい仮想通貨”ノアコイン”



「ビットコインを超えるビットコインを!」

ノアコイン、それはビットコイン2.0という取り組みの1つです。

そのポテンシャルは、他の仮想通貨を圧倒的に引き離すを力を秘め、
昨今経済発展目覚しいフィリピンがいまだに抱える様々な問題を解決すべく、
フィリピンを代表する政財界の有志が集いスタートした

まさに国家レベルの一大仮想通貨プロジェクトです。


その規模は、今までのリリースされた他の仮想通貨からは類を見ないほど大きなものでもあり、
それはノアコインを運営する母体、“ノアファウンデーション”に集う顔ぶれを見てもわかります。

● フィリピンLTグループCEO、フィリピン第2位の大富豪“ルシオ・タン氏”(Lucio Tan)
● ルシオ・タン氏の息子、Macro AsiaのCEO “ルシオ・タンJr.”(Lucio Tan jr.)


出典 Lamudi

フィリピン航空やマクロエイジアで有名なルシオ・タン氏の一族ですね。
フィリピンでは”第2位の大富豪”とのことです。

建設会社や銀行も加盟しているノアファウンデーション、
正式発表された人物としてはまだこのルシオ・タン氏の一族だけですが、
当然ほかにもまだまだフィリピンを代表する著名人有名人も参加されていることでしょう。

2016年12月4日、
日本の仮想通貨(暗号通貨)の権威とも言うべき泉忠司さんが東京で開催された仮想通貨バイブル購入者限定セミナーで、
全世界に先駆けここ日本でノアコインの発表がされたとき、
現フィリピン大統領ドゥテルテ氏の息子さんも来日されていたようです。

そして同年10月27日には、
この泉忠司さんが衆議院議員会館で仮想通貨についての講演を依頼され登壇されたのですが、
なんとこのとき、
大統領ドゥテルテ氏自らが来日されていた
とも聞いています。


AYUMI

ちょっと過激な発言などでも有名なドゥテルテ大統領ですが、
まさか仮想通貨にまで理解があるとは驚きですよね(驚)
一国の大統領がある意味バックアップしているとも言える仮想通貨のプロジェクトなんて、
ちょっと聞いたことがありません。

これならたしかにほぼ国家プロジェクト並というのも、たしかに納得出来る話ですね。

d

重要なのはプロモーション

ビットコインを凌駕する仕組みを備えた仮想通貨は、
たしかに今までにもリリースされてはいます。

しかしながら、いまだ始まりの仮想通貨であるビットコインには、
その知名度も利用度もはるか遠く足元にも及ばないのは、
現在仮想通貨を知る皆様ならば誰しもが知るところだと思いますが、

“それはひとえにインフラ整備が整えられていないからに他なりません。”

どんなにいいものを作ったとしても、

《それを世間が知らなければ》

それはまったく意味は無いに等しいですし、
ある意味インフラさえ整えられればビジネスでも音楽でも半分は成功したようなものとも言えます。

ノアコイン専用ウォレットの開発や、独自APIの開発、
保有による利息、世界初の暗号通貨の街“ノアシティや、
世界中にノアコインを換金するためのATMの仕組みを導入し、
ワールドワイドでノアコインを使えるようにする仕組みも、

全てはまずこのプロモーション戦略にかかっているといっても過言ではないです。

そのためにはとにもかくにも、
n

“まずは知ってもらうこと。”

 

これがものすごく重要です!

どんなマーケティングの世界でもこれは共通認識ですが、
ノアコイン擁するノアプロジェクトは、

TVやラジオCM、高速道路や機内広告、プロモーションビデオの放映、
ソーシャルメデイア戦略、インターネットCM、GoogleAdwardsなどなど、

これら様々なメディアを使ったプロモーション活動が準備され、
大多数の目に止まるような戦略が準備されています。

ノアコインの運営母体、ノアファウンデーションを見てみても、

”フィリピン航空”、”銀行”、”建設会社”、”各種メディア”、そして”政府!?”

インフラを整るため、様々な手段を使ってノアコインをプロモーションしていく仕組みはまさに万全とも言えますね。

ノアプロジェクトのプロモーションで来日された、
ミスインターナショナルコンテストNo.1にも輝いた“
ベア ローズ サンチャゴさん”と。

 

仮想通貨新時代へ!

いまでは日に日にその認知度も利用度も広がり続け、
まさにスタートから数年で100万倍以上の価値を持つビットコインですが、
少し前まではその持てる可能性とは裏腹に、運営母体も開発者も不在ということもあいまって、
様々な誤解とも悪評とも言うべき風評被害をうけ前途多難とも思える道を歩んできました。

“仮想通貨ビットコイン”という呼び名さえそもそもが少し違い、
これは日本独自の呼び名です。

正しくは、

《暗号通貨 ~Crypt Currency~のビットコイン
.

m
世界では仮想通貨はその根本理論の仕組みから”暗号通貨”と呼ばれています。
どうして仮想通貨とこの国で呼ばれるようになったかについても当サイトでしっかり今後解説していきますが、
運営母体がいないため、こうした当たり前のこともずっとおざなりにされてきました。

ノアコインは、
こうしたところからもしっかりビットコインの教訓として学び、
そして、このビットコインが徐々に広まりもたらし始めた様々な可能性や恩恵の仕組みを受け継ぎ、
まさに次世代を担うにふさわしいポテンシャルを秘めリリースされます。

このノアコインが形作るこれからの未来、
それは一体どんな姿になるのか、今からとてもワクワクしてきますね。

 

 

ノアコインストア記事一覧はこちらです♪

 

 

投稿日:2017-01-05 更新日:

Copyright© NOAHCOIN STORE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.